PlayStation4コントローラー不具合回避法

投稿者:

先日プレイステーション4を安く譲ってもらったのですが、

PlayStation4のコントローラーDualShock4のアナログスティックがおかしな挙動をするということを聞かされていました。

起動してしばらくなにも操作をしていない状態でも、右アナログスティックが時計回りと反対に(左回りに)勝手に動くという状態でした。

ここで、いったんは時計回りに(右回り)右のアナログスティックを動かすと、主にアクションゲームでのビューやカメラワークを制御する動作が正常にできるようになりました。

一時間くらいゲームプレイを楽しんだのちに、コントローラーを置いて用を足していたところ、またもや主にアクションゲームでビューやカメラワークを制御する、右アナログスティックの挙動に異常が生じました。

Webを検索すると似たような記事を多く見つけることができ、その複数のWeb記事を参考に、不具合の解消を試みましたが、改善しませんでした。

こうなってくるとどうしたものかと悩みますが、PlayStation4にはセーフモードで本体を起動する機能があることを思い出し、セーフモードでPlayStation4本体端末にあるデータベースの初期化を試してみようと思いました。

PlayStation4をセーフモードで起動する

電源を切るの状態で

電源ボタンを長押しする。

起動時のブザー(ピ、ピ)がPlayStation4を通常起動した状態のブザーよりも多く、鳴音した場合にPlayStation4のセーフモード起動が出来ています。(画像は省略します)

本体を電源ボタンで起動するとき、通常起動では「ピ」という一回の鳴音がしますが、ピっとなった後も電源ボタンを押し続けます。

二回目の「ピ」が鳴音したら電源ボタンから手を放します。

セーフモードで起動したら

データベースをリセットする

これで取り急ぎ右アナログスティックの異常が少なくなりました。

しかし、また二時間くらい本体を起動しているとコントローラーの右アナログスティックが勝手に動いて、同じ画面に戻って(カメラワークが左右に動く状態)を繰り返すようになり、

データベースの再構築だけでは完全に異常を回避することができていないことが分かりました。

そこで、本体の設定を見直します。

PlayStation4の設定を選択し決定して、初期化の項目まで下がって、決定を押します。

「設定を初期にもどす」を選んで決定。

※大事なゲーム進行データを初期化してしまわないように気を付けてください。

これに関しては本体内部に蓄積されているデータ(Webブラウザでいうところのキャッシュデータをクリアするなどなど)を初期化することによって不具合のあるデータを取り除く効果が見込まれます。

また、設定を初期値に戻し、本体の電源を切る。

PlayStation4をセーフモードで起動してデータベースの再構築を行います。

これで、PlayStation4のDualShock4の不具合が回避できました。

PlayStation4のサポートセンターでもデータベースの再構築と本体を初期値に戻すを試してみてはいかがでしょうかという案内を受けるまで、何度かサポートセンターに問い合わせた経緯があるためにこちらのblogに掲載しトピックをあー歌舞しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA