Windowsがスリープから復帰しない、いわゆるスリープ死の回避方法について

投稿者:

最近のWindows10のアップデートにより、

電源の管理を行っている一部のWindows端末では、スリープから復帰させようとすると

画面が真っ暗になったまま復帰しないという事象が確認されています。

ほかのインターネット検索のトピックスにも出てきますが、

Windowsの設定を変えてやることにより、回避が可能です。

さらに、安定性を増すために(ディスプレイの寿命を延ばすことも考えてと省電力への取り組み)

Windowsに標準で装備されているスクリーンセーバーを用いるということが重要になってきます。

では、まず、Windowsのスリープ死を防ぐ方法について、

Windows10のデスクトップ画面にて、Windowsマークのボタンをクリックします。

Windowsマークを右クリックした場合

Windowsマークをクリックした場合、この画像の歯車マークをクリックして設定を開きます。

Windowsマークを右クリックした場合、この画像の設定をクリックして設定を開きます。

設定画面で、システムの項目をクリックして、電源とスリープを開きます。

画面の項目の次の時間が経過後、ディスプレイの電源を切るの項目をなしに設定し、

スリープの項目の次の時間が経過後、PCをスリープ状態にするなしに設定します。

次にコントロールパネルを開きます。

デスクトップ画面の🔎ここに入力して検索

Contと入力します。(画像参照)

コントロールパネルが一覧に表示されるか、一番上に表示されます。

コントロールパネルをクリックします。

システムとセキュリティをクリックして、電源オプションをクリックします。

電源オプションの設定の電源のプランの設定を適用しないに変更します。

ディスプレイの電源を切るコンピュータをスリープ状態にする適用しないに設定します。

あとはウィンドウを閉じて終了です。

この設定で、Windows10のスタートオプションによってコンピュータをスリープにして終了して、コンピュータを再開する起動方法によってもスリープ死を防ぐことが可能のようです。

スリープ死を防ぐ方法については以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA