MacOSは更新できるなら更新しましょう

投稿者:

このトピックスをご覧の皆様、今回はMacOSについて説明させていただきます。

少し前まではMacOSというとYosemiteが有名でしたが、現在Apple社がリリースしている最新のMacOSはmojaveです。

 

Macは永続的な使用を視野に入れて開発されているものではありません。

OSもその時で売れているものや流行っているものだとMacOSはsiera High sieraなどがありますが、最新型のMacを購入できる方は自動的に最新ОSがインストールされていたり、別途ダウンロードすることにより最新版のOSが利用できるようになったりします。

 

Apple製品は使いこなすとライフサイクルが長いので、最新じゃなくてもまあ良いかという気持ちになるかも知れません。

その意識は昔は通用していましたが、最近のインターネットのセキュリティ面から言うと、必ずしもそれが正しい答えにはなりません。

それは新型のウィルスや以前流行したウィルスの亜種が登場することによって、セキュリティ面で優れているといわれるMacでもウィルスに感染したということがあり、インターネットを利用する端末は何らかのインターネットセキュリティ対策が必要だからです。

OSを更新できるのでしたら最新版のOSに更新してしまいましょう。

 

いきなり有料のセキュリティソフトはコストがかかるとお考えの方は、無料のセキュリティソフトをインストールしてインターネットを利用したほうが良いでしょう。

もしくはしばらく無料版で試してみて、重くないか止まらないかなど、自分のMacにあっているセキュリティ対策ソフトを利用しましょう。

Mac用インターネットセキュリティ マック用インターネットセキュリティ もしくはMac用インターネットセキュリティ無料などで検索すると必ず出てきます。

サブPCにMacを使っているからインターネットセキュリティ対策はしなくても良いかというのは間違っています。

Macもマルウェアに感染することがあるからです。マルウェアに感染するとMac内にある情報が漏洩する危険もあります。

 

以前よりもApple製品が身近に感じられるようになったので、Apple製品の使いまわしをされている方もいるようですが、せっかくのMacなので長く使えるようにしたいですね。

Macは設計から出荷まで厳重な規格のもとに製造されているパソコンなので、価格は高いのですがMacだけにしかできないことがたくさんあり、汎用よりはプロフェッショナル向けの使い方が多いパソコンです。

 

日本で普及台数が増えるにつれ、セキュリティ対策も重要との声がたくさん聞かれるようになりました。

筆者もしばらく前のMacはセキュリティ対策ソフトを入れていませんでしたが、Apple製品を狙ったサイバー攻撃が存在するということで、さっそくインターネットセキュリティソフトを導入しました。

 

インターネットとパソコンは切っても切れない間柄であり、インターネットを使えるようになってパソコンはさらに効率的に仕事をこなせるツールとなりました。

ツールに対しての脆弱性や仕組みを理解することにより適切な使い方ができるようになります。

 

Macは無敵のセキュリティ対策がされているという時代は過ぎてしまいました。

まずはここからツールに対する意識を変えていかなければなりません。

 

筆者の環境はMac mini 2011

MacOS High sieraです。

いずれは買い替える時が来るのですが、今使っているMacはもうしばらく便利に使いこなしたいです。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA